マンション・ビル大規模修繕、一般個人住宅リフォーム修繕

リフォーム・リノベーション
賃貸マンション

賃貸マンションの修繕も
トータルプランニングで
よりよい建物に
建物の美しさは、入居率や資産価値に影響を与える重要なポイントです。やまと建設のリフォーム・リフレッシュは築年数の経過に伴って古くなった建物を新築のように美しく修繕することができます。外壁の塗り直しだけでなく、塗装の剥がれやタイルの割れの修復、共用空間の修復や改善、居住空間の修復や改修など、目に見える部分をはじめ、壁内部の調査も行い、目に見えないところからリフレッシュさせます。問題を根本から改善することで、建物を長期的に美しく維持します。外壁材も断熱性の高いものや、遮音に優れたものなどさまざまな種類に対応でき、立地環境や状況に応じて最適なプランをご提案いたします。
ゆとりをもたらす
共用空間を叶え、
建物の価値を向上
マンション内で入居者が共有する、廊下やエレベーター、多目的広場などの空間があります。これらは入居者や入居希望者から常に見える位置にあり、評価されやすい箇所でもあります。適切な時期に最適なメンテナンスを継続することはもちろん、新たな癒しの空間を創りだし、入居者によりよい環境を提供することができます。

共用空間はたくさんの人が使用することもあり、建物の中で最も酷使される場所です。共用空間にこそ見えない部分の丁寧な整備と取り付ける設備 の選び方が大切です。やまと建設では数多くの豊富な経験やデータを保有していますので、お客様の建物にとってベストなプランをご提案いたします。

改修の一例
  • 外部・共用部分の塗装
    入居者が共通して使用するエレベーターや、廊下の柵、階段の手摺りなど、利用頻度の高い場所は塗装がすり減り、汚れが付着しやすい場所です。また、太陽光や風雨にさらされる外壁や外部に設置されている設備の色褪せ・塗装の剥がれなども定期的なメンテナンスが必要です。
  • 廊下・階段・床の改修
    歩行量が最も多く傷みやすい場所です。また、エントランス付近などは目に付く場所であると同時にマンションの印象を大きく左右する場所でもあります。ノンスリップシートのたるみ、床タイルの割れ、階段の滑り止めのすり減りなど、必要に応じて改修します。
  • 屋上防水のやり替え
    竣工から10年を過ぎる頃、屋上の防水性能が低下してきます。雨水が建物内部に進入しやすくなってしまい、雨漏りなどの原因となります。定期的なメンテナンス及び、改修が不可欠な場所です。
  • パブリックスペースの
    リフォーム・リノベーション
    例えばエントランス横に宅配ボックスを設置するなども有効です。留守中に送られてきた荷物の受け取りはもちろん、配達員から直接受け取る必要がないので単身女性に大変人気の設備です。

高品質な工事をお約束する施工力
リフォームやリノベーション、修理・修繕などは入居率・資産価値の向上に効果的です。また、新築と異なり固定資産税がかからないことも魅力のひとつです。建物の場所や特色によっては個性的な空間づくりを行うことも可能です。入居者にとって住みやすい環境や居心地のいい空間を創りだすことで、空室率・退去率を抑えることができます。人気のあるリフォーム・リノベーションを一部ご紹介いたします。
  • リビング・ダイニング
    入居者にとって、リビング・ダイニングの空間は家族団らんの場や、リラックスできる空間であったりと様々な役割を担っています。例えば、2部屋をひとつなぎにした広々としたリビングや床暖房の導入などでゆとりのあるワンランク上のリビング・ダイニングに生まれ変わらせることもリフォーム・リノベーションで叶えることができます。
  • 寝室・書斎
    寝室は一日の疲れを癒す場所であり、ゆったりと寛げる空間である必要があります。ぐっすりお休みになれるよう窓には防音性の高い複層ガラスを使用、そしてリラックス効果を高めるやわらかな灯りの照明、衣類や小物などの収納も不可欠です。また、スペースに余裕があれば書斎やドレッサー、趣味のスペースなどを配置することもお薦めします。
  • 水廻り
    生活に不可欠なキッチン・お風呂場・トイレなど水廻り設備は、使用頻度が高いので使い勝手が重要です。掃除のしやすい工夫を取り入れたり、リノベーションすることにより、水廻りとのつき合い方は変わります。また、経年劣化したパイプなどのトラブルはもちろん、古くなった設備を含めた改修など、どんなことでも対応が可能です。